チャートで見てわかる、iOSのサポート長期化〜iOS15はiPhone6sにも対応

    iPhone6s

    iPhone6s
     
    日本時間21日未明、iOS15の正式版がリリースとなりました。iO15は様々な新機能が盛りだくさんですが、サポート期間の長さも注目に値します。初代iPhoneとiPhone 3Gはわずか2回の主要iOSアップデートを受けたのみでしたが、iPhone6sシリーズはiOS15でもサポートされており、6年目のサポートとなります。

    iPhone6s/6s Plus/SE(第1世代)は6回目の主要OSアップデート

    調査統計に関するインフォグラフィックで知られるStatistaは、歴代のiPhoneモデルのOSサポート状況をわかりやすく示したチャートを公開しました。
     
    ios
     
    2007年の初代iPhoneから、iOSのサポート期間は徐々に長期化しており、iPhone6s/6s Plus/SE(第1世代)は、6回目の主要OSアップデートを受けるに至っています。
     
    旧iPhoneモデルに最新iOSをインストールすると動作が遅くなると信じるユーザーもいますが、iPhone6s PlusでiOS15がサクサク動いている様子を映した動画が公開されており、心配は杞憂かもしれません。
     
    iOS15では、「集中モード」など数々の新機能が追加されています。iOS15のリリースノート全文も公開されており、アップデート前に新機能の詳細を確認することができます。
     
     
    Source:Statista
    Photo:Raimond Spekking/Wikimedia Commons
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次