2021年9月17日 08時16分

読了まで 215

iPhone12シリーズ、全世界のスマホ売上の35%以上を占める~2021Q2

iPhone12シリーズの画像


 
から新しくiPhone13シリーズが発表されましたが、シリーズも好調を維持しています。
 
2021年第2四半期(4月~6月)の世界の全スマートフォン売上のうち、iPhone12シリーズの3モデルだけで全体の35%を占めていることがわかりました。

iPhone12/Pro/Pro Maxだけで全スマートフォン売上の35%以上を占める

調査会社のStrategy Analyticsによると、2021年第2四半期においてAppleiPhone12シリーズは、世界の全スマートフォン売上のうち大きな割合を占めました。
 
2021Q2におけるスマートフォン売上トップ10の端末
 
トップはiPhone12で全体の約13%、2位はiPhone12 Proで約12%、3位はiPhone12 Pro Maxで約11%となっています。
 
これらを合わせると、AppleはiPhone12シリーズの3モデルだけで世界の全スマートフォン売上の35%以上を占めていることになります。
 
一方、これらの3モデルは台数ベースのは約3%~5%でしかなかったとのことです。
 
iPhone12シリーズのなかではが不調といわれていますが、それでも8位につけており、iPhone12シリーズの好調さがうかがえます。

他社のスマートフォンを圧倒

一方、他社のスマートフォンで最も売上が大きかったのはSamsungのGalaxy S21 Ultraでした。
 
しかしながら、その売上は全体の約2%にしかすぎず、Appleとの差が鮮明になっています。
 
興味深いのは10位のVivo iQOO 7です。
 
このスマートフォンはランクインしたほかのスマホと違ってハイエンドモデルではなく、平均取引は400ドル(約43,891円)でありアッパーミドルレンジに属しています。
 
2021年第3四半期(7月~9月)からはiPhone13シリーズが統計に組み込まれますが、iPhone12シリーズの好調をそのまま受け継げるのか、注目です。

 
 
Source: Strategy Analytics
Photo: ぱくたそ
(ハウザー)
 
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる