2021年9月15日 00時33分

読了まで 223

アプリ内課金方法の選択肢が認められても30%の“Apple税”は続く可能性

ティム・クック


 
ティム・クック最高経営責任者(CEO)の発言などから、が独自に定める内課金以外の選択肢が認められてもなお、同社はデベロッパーに対して最大30%の手数料を要求するつもりだとの見方が一般的になりつつあります。

規約の変更もやむなし

“Apple税”を巡るEpic GamesとAppleとの裁判で、米国地方裁判所のイボンヌ・ロジャーズ判事は先日、「ボタン、外部リンク、もしくはユーザーを購入方法に誘導するその他の行動喚起」をデベロッパーに認めるべきだとの判決を下しました。ただし一方で、Appleが手数料を引き下げる必要があるとも、手数料を請求すべきではないとの見解も示しませんでした。
 
Bloombergによると、この判決後もAppleは依然として、最大30%の手数料を徴収するつもりであることをデベロッパーに伝えることができるそうです。
 
「Appleは誰ともでも取引をする法的権利を持っている」と語るのは、米投資銀行Cowenのマネージング・ディレクターです。「Appleはの規約を変更し、デベロッパーに対してどこで収益を得ているかに関わらず、我々に30%の手数料を支払う義務があると言うこともできる。もしデベロッパーが支払いを拒否すれば、Appleは自由に彼らをプラットフォームから排除することも可能だ」
 
つまり、たとえアプリ内課金でAppleの決済を経由しないとしても、同社に最大30%の手数料支払いを義務付けるよう規約を変更することは可能だというわけです。
 
事実、Epic GamesとAppleの裁判は10項目のうち9項目でAppleに有利な判決が下っており、Apple自身が「大勝利だ」と認めているほどです。Epic Gameは控訴を正式表明していますが、少なくとも現状ではAppleが独占的であることを示すのは難しいでしょう。

結局のところ30%は徴収される

ティム・クックCEOは数カ月前、デベロッパーがApple独自の決済システムを避けることができると判事が判断した場合の可能性についてインタビューで答えています。
 
クック氏は「デベロッパーに請求するための別のシステムを考えださなければならず、混乱を招くことになるだろう」と述べながらも、Apple独自のアプリ内課金システム以外でユーザーから収益を集めた場合でも“Apple税”を支払うべきかと尋ねられた同氏はこう答えました。「ああ、もちろんだ」
 
Epicは13日、判決に従って「フォートナイト」でApp Storeのアプリ内課金システムを迂回して得た売上の30%に相当する600万ドル(約6億6,000円)を手数料としてAppleに支払ったことを明かしています。
 
 
Source:9to5Mac,Bloomberg
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる