2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    MacBookにもOLED搭載を計画か〜サプライヤーが準備開始?

    MacBook Pro XDR AH

    MacBook Pro XDR AH
     
    韓国メディアThe Elecが、Samsung DisplayはMacBookiPadシリーズ用有機EL(OLED)ディスプレイ出荷を見据え、大型基板を用いたOLEDディスプレイの製造を検討していると報じました。

    iPadシリーズだけではなく、MacBookにもOLED搭載と噂

    Appleは2022年モデルのiPad AirにOLEDディスプレイを導入し、翌年にはiPad Proにも搭載すると噂されています。
     
    また、iPadシリーズだけではなくMacBookに搭載される可能性があるとの情報もありました。
     
    一方、M1チップ搭載12.9インチiPad Pro用のミニLEDバックライトを製造する台湾Ennostarは、大型タブレットには引き続きミニLEDバックライト搭載ディスプレイが搭載されると予想していました。

    大日本印刷のファインメタルマスクを採用か

    ラップトップ用OLEDディスプレイを多数ラインナップしそれを拡充しているSamsung Displayが、現行の第6世代(1,500×1,850ミリ)基板にかわり第8.5世代(2,200×2,500ミリ)の基板を用いたタブレット、ラップトップ、モニター向けディスプレイの製造を検討しているようです。
     
    The Elecは、Samsung DisplayはAppleからの製品受注を期待していると記しています。
     
    同メディアによれば、第8.5世代のOLEDディスプレイパネルの製造において、大日本印刷のファインメタルマスクが採用される可能性があるとのことです。
     
    Samsung Displayは、2022年中に第8.5世代のOLEDディスプレイパネルを出荷するべく計画しているようです。
     
     
    Source:The Elec via iMore
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次