2021年3月18日 16時35分

読了まで 147

OLED搭載iPad AirとミニLED搭載MacBook Airが来年登場〜クオ氏

macbook air


 
ミニLEDディスプレイ搭載iPad Proが近くリリースされるとの噂ですが、2022年にはへのミニLEDディスプレイ搭載が実現する、と著名アナリストのミンチー・クオ氏が予測しています。同氏によれば、来年の有機EL(OLED)ディスプレイを搭載するとのことです。

iPad AirからOLEDディスプレイ搭載iPad時代が始まる?

クオ氏は新型iPad Proに新ディスプレイ技術ミニLEDが使用されると見ていますが、その他のiPadモデルはOLEDディスプレイに切り替わると踏んでおり、来年のiPad Airから新たなラインナップが始まるとしています。
 
ミニLEDパネルはOLEDと同じく黒の表現に優れていますが、ディスプレイパネル下にLEDが配置される構造上、焼き付きが起こる可能性が低いとされています。
 
しかしながら、ミニLEDは高価な技術であるため、廉価モデルのiPadにはOLEDを採用するとみられています。

MacBookにOLEDが搭載される可能性は低い

Appleは向けには下部が折り曲がったカスタムOLEDディスプレイを使用していますが、iPadには通常のフラットなOLEDディスプレイが搭載されるというのがクオ氏の見方です。
 
また焼き付きの問題から、MacBookなどの長時間同じソフトウェアを使用するデバイスにOLEDディスプレイが搭載される可能性は低いともクオ氏は述べています。
 
 
Source:9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : iPad, Mac, 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる