トップページ > 最新情報 > Samsung Display、10種類以上のラップトップ用OLEDパネルを供給予定
2021年1月7日 08時00分

読了まで 148

Samsung Display、10種類以上のラップトップ用OLEDパネルを供給予定

Samsung OLED for laptops


 
Samsung Diplayは2021年に、新製品を含め10種類以上のラップトップ用有機EL(OLED)パネルの供給を計画しているようです。

2020年比5倍のOLEDパネル出荷を計画

Samsung laptop oled
 
韓国メディアTHE ELECによれば、Samsung Displayは前年比5倍となるラップトップOLEDパネルの出荷を計画しているようです。
 
Samsung Diplayは2019年に、UHD(3,840 x 2,160)、QHD(2,560 x 1,440)、FHD(1,920 x 1,080)OLEDパネルを発売、2020年には、Razr、HP、Asus、Lenovo、Dell向けに、サイズが13.3インチ〜15.6インチ、解像度がFHD(1,920 x 1,080)〜UHD(3,840 x 2,160)のOLEDパネルを供給しました。

サイズと仕様を拡大

Samsung Displayは、2021年にラップトップ用OLEDパネルのサイズと仕様を拡大すると発表しており、2020年に13.3インチで発売したFHD(1,920 x 1,080)OLEDパネルの15.6インチモデルを発売する予定です。
 
同社は、マスマーケットでの販売拡大を目指していると、THE ELECが伝えています。
 
Samsung Display公式YouTubeチャンネルで、ラップトップ用OLEDパネルの画質を訴求する動画が公開されています。
 

 
 
Source:THE ELEC
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる