2021年8月10日 22時36分

読了まで 157

Samsung、来年のiPadのOLEDディスプレイの生産準備を開始

ipad


 
Displayは、2022年の有機EL(OLED)ディスプレイ搭載に使用される可能性の高い、新たな生産プロセスの準備を進めている、と韓国メディアThe Elecが報じています。

第8.5世代基板を使用したOLEDディスプレイ生産を準備

The Elecによれば、Samsung Display第8.5世代(2,200 x 2,500mm)基板を使ったOLEDディスプレイパネルの生産を見込んでおり、OLEDのドライエッチング装置サプライヤーがすでに動き出しているとのことです。
 
ドライエッチング装置は、ウェットエッチング装置に比べて、より微細で精密な回路のエッチングを得意としています。
 
10インチ以上の電子機器用OLEDディスプレイパネルでは、赤・緑・青のピクセルをよりタイトに配置する必要があり、ドライエッチング装置のほうが向いているとのことです。
 
Samsung Displayは、Samsungやが電子機器用のOLEDディスプレイパネルの発注を増やすことを期待している、との報道内容です。

現在iPadにはLCDのみ使用

Appleは現在、iPadには液晶ディスプレイ(LCD)を採用しています。iPad ProにはミニLEDディスプレイが搭載されており、OLEDディスプレイに付き物の焼付の問題が解消されています。
 
ミニLEDバックライトのLCDのほうがより高度な技術であるとされていますが、来年の非ProモデルのiPadにはOLEDディスプレイパネルが使用されるとの報道が複数ありました。
 
Apple関連製品の精度の高い予測で知られるアナリストのミンチー・クオ氏は3月、2022年のiPad AirにはOLEDディスプレイが搭載される、との予測を発表しています。
 
 
Source:The Elec via 9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : iPad, 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる