トップページ > AirPods > AirPods Pro用ファームウェアのベータ2がリリース、会話が聞き取りやすく
2021年8月5日 08時15分

読了まで 153

AirPods Pro用ファームウェアのベータ2がリリース、会話が聞き取りやすく

WWDC21 AirPods Pro iOS15 会話の自動音量調整


 
Appleは、AirPods Proファームウェアのベータ2を開発者向けにリリースしています。会話の音量を自動調節し、声が聞き取りやすくなる機能が追加されています。

会話の自動音量調整機能が追加

Appleは7月にAirPods Proファームウェアベータバージョンを開発者向けに初めて公開しました。同バージョンは、iOS15の新機能であるFaceTimeの空間オーディオなどに対応していました。
 
海外掲示板サイトRedditユーザーのu/Itatoooooo氏が、AirPods Pro用ファームウェアに新しいベータ(バージョン番号4A362b)がリリースされていると報告しています。
 

 
新しいベータでは、Appleが6月の世界開発者会議(WWDC21)で発表した新機能である、ビームフォーミングを用いた会話の自動音量調整機能が利用可能になっています。会話時に相手の声が増幅されるので、AirPods Proを着けたままでも会話が聞き取りやすくなります。

今年から提供が開始されたベータ版ファームウェア

AirPods Pro用ファームウェアのベータは、Appleが今年から開発者向けに提供すると予告していました。
 
ベータ版ファームウェアの入手には、Xcode13がインストールされたMacとiOS15のベータがインストールされたiPhone、フル充電されたAirPods Proが必要です。いちどベータバージョンをインストールすると、ダウングレードすることはできません。
 
なお、AirPods、AirPods Maxにはベータ版ファームウェアは提供されていません。
 
 
Source:Reddit via MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる