トップページ > 最新情報 > Apple、59%のシェアで圧倒的な首位~2021Q1のタブレット向けSoC市場
2021年7月27日 07時52分

読了まで 151

Apple、59%のシェアで圧倒的な首位~2021Q1のタブレット向けSoC市場

AppleのM1チップの画像


 
AppleのiPadシリーズはタブレット市場において高い人気を誇っており、それに伴いタブレット向けシステム・オン・チップ(SoC)の市場シェアもAppleが圧倒的な首位となっています。
 
QualcommやMediaTekといったスマートフォン向けSoCで強さを誇っているメーカーは10%以下のシェアと、この市場では劣勢です。

59%のシェアで圧倒的な首位のApple

調査会社のStrategy Analyticsによると、2021年第1四半期(1月~3月)におけるタブレット向けSoC市場は、前年同期比33%増の7億6,100万ドル(約840億円)でした。
 
メーカー別の収益シェアでは、Appleが59%で首位となっています。
 
2021Q1のタブレット向けSoCシェア
 
AppleiPad Air(第4世代)に搭載されたA14 Bionicや、iPad Proに搭載されたM1チップが好調で、前年同期比60%増となったそうです。
 
新型コロナウイルスによる影響も好調を後押ししました。

MediaTekが数量面では好調も収益面では不調

シェアランキングは続いてIntelが14%、Qualcommが10%となっています。
 
スマートフォン向けSoCで飛躍を遂げているMediaTekは、数量面では前年同期比で92%増となり、好調です。
 
しかしながら、MediaTekのSoCは平均販売価格(ASP)が安く、収益シェアでは他のメーカーに比べて遅れをとっています。

 
 
Source:Strategy Analytics via businesswire, Wccftech
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる