2021年もMediaTekがスマートフォン向けSoCシェアトップの見通し - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 2021年もMediaTekがスマートフォン向けSoCシェアトップの見通し
2021年4月29日 10時59分

読了まで 28

2021年もMediaTekがスマートフォン向けSoCシェアトップの見通し


 
2020年はMediaTekが初めてQualcommを上回り、スマートフォン向けシステム・オン・チップ(SoC)のシェアでトップに躍り出た年でした。MediaTekの勢いは今後も続き、2021年はさらにシェアを拡大してQualcommとの差を広げる見通しとのことです。

2021年はMediaTekが1/3以上のシェアを獲得する見通し

調査会社のCounterpointによると、スマートフォン向けSoCの分野において、2021年もMediaTekが37%のシェアでトップを維持する見通しとされています。
 
Counterpointによる2021年のスマートフォン向けSoCシェアの見通し
 
MediaTekの躍進は、TSMCで製造される150ドル以下の5Gスマートフォン向けSoCに供給の制約がなく、また4Gスマートフォンでのシェアが拡大しているためです。
 
MediaTekは2020年に年間を通して初めてスマートフォン向けSoC市場でシェアトップになっています。
 
一方QualcommはSamsungのオースティン工場からのRFICと電源管理ICの供給不足や、相対的に低い5ナノメートル(nm)チップの製造歩留まりにより制約を受け、31%のシェアで2位となる見通しです。
 
Appleは16%のシェアで3位と予想されています。

5G向けSoCではQualcommが首位

一方、5Gスマートフォン向けのSoCではQualcommが首位となる見通しです。
 
Counterpointによる2021年の5Gスマートフォン向けSoCシェアの見通し
 
QualcommはSnapdragon 8シリーズから4シリーズまで幅広い階層で5Gソリューションを提供することで、5Gスマートフォン向けSoC市場のシェアを30%台に拡大するとみられています。
 
2位はiPhone12シリーズが好調なAppleでシェアは29%と予想されています。
 
MediaTekも手ごろな価格の5G向け製品を持つことで、シェアをほぼ倍増する見通しです。
 
また、2021年は7nm/6nm/5nmといった最先端プロセスで製造されるSoCが全体のほぼ半分を占める見通しとなっています。これらは主に5Gスマートフォン向けのものです。

 
 
Source:Counterpoint
Photo:Pixabay
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる