トップページ > 最新情報 > Apple Watch S8への血糖値測定搭載もある?センサーメーカーがテスト開始
2021年7月22日 21時00分

読了まで 159

Apple Watch S8への血糖値測定搭載もある?センサーメーカーがテスト開始

Apple Watch AD 0715


 
英Rockley Photonicsが開発した、血糖値ほか多数の項目を測定可能な新型センサーが完成しました。Notebookcheckが、早ければ2022年にもRockley Photonicsが開発した新型センサーがスマートウォッチに搭載されると報じています。

リストバンド型デバイスと専用アプリで試験を開始

Rockley Photonicsは、現地時間2021年7月14日に、体温、血圧、身体の水分補給の必要性、アルコール濃度、乳酸値、ブドウ糖(血糖)値の測定が可能なセンサーが完成したと発表していました。
 
同社はこのセンサーをリストバンド型のデバイスに組み込み、専用アプリを使用して被験者を対象としてデータ収集を行います。Rockley Photonicsはこのセンサーに、「手首の上の診療所」との愛称をつけているようです。
 
このセンサーは血中酸素飽和度(SpO2)センサーのように常時、穿刺することなく各項目を測定可能です。
 
Glucose sensor rockley

2022年に消費者向けデバイスに搭載し発売か

Rockley Photonicsは、研究開発分野においてAppleと緊密な関係にあると報じられています。
 
同社は新型センサーが消費者向けデバイスにも搭載できると述べていることから、今回の試験結果が良好であれば来年にもそれを搭載したスマートウォッチが発売されると、Notebookcheckが伝えています。
 
Bloombergのマーク・ガーマン記者は、Apple Watch血糖値測定が行えるようになるまではなお数年を要すると述べていましたが、Rockley Photonicsの試験結果次第では、新型センサー搭載第一号製品がApple Watch Series 8(仮称:2022年モデル)になることも期待されます。
 
 
Source:Notebookcheck
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる