トップページ > 最新情報 > iPhone12の販売好調続くも、Pegatronの売上高減少〜13への移行影響か
2021年7月14日 00時35分

読了まで 147

iPhone12の販売好調続くも、Pegatronの売上高減少〜13への移行影響か

iPhone12 Pro Purple


 
JP Morganのアナリストであるサミック・チャタジー氏が、iPhone13シリーズの発売を2カ月後に控えているにも関わらずiPhone12シリーズの販売は依然好調だと伝えました。そうした中、サプライヤーの1社であるPegatronの売上高は減少しているようです。

1番人気はiPhone12

チャタジー氏は、iPhone12シリーズにおいてiPhone12の人気が最も高く、次いでiPhone12 Pro Max、iPhone12 Proの順に好調な販売を維持していると伝えています。
 
また、iPhone12 miniの販売台数はシリーズ中で最も少ないながらも安定していると、同氏は説明しています。
 
JP Morganは、2022年のiPhoneの出荷台数は2億2,600万台に達すると予想しています。

PegatronはiPhone13シリーズの組み立てに移行中

そうした中、iPhoneの組み立てを担うサプライヤーの1社であるPegatronの業績は低迷しているようです。
 
EMS Oneによれば、同社の6月の売上高は前月比1.6%減、前年同月比19.2%減だったようです。
 
ただしその原因はiPhone12シリーズからiPhone13シリーズ組立作業の主体が移行しつつあるのが原因とみられていることから、同社の売上高は今後回復すると予想されます。
 
 
Source:AppleInsider, EMS One
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる