トップページ > 最新情報 > iPhone SE(第3世代)がA15搭載、5G対応し税込54,780円で来年発売?
2021年7月13日 01時00分

読了まで 216

iPhone SE(第3世代)がA15搭載、5G対応し税込54,780円で来年発売?

iPhone SE3 AD 0712


 
Macworldが、2022年に発売されると噂のiPhone SE(第3世代)の仕様と販売価格を予想しています。

iPhone SE(第3世代)の搭載チップやカメラは?

TF Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏は、iPhone SE(第3世代)は最も安い5G対応iPhoneになると伝えていました。
 
また、AppleはiPhone11の筐体とFace IDを利用したモデルiPhone SE Plusとして発売するとの噂もあります。
 
Macworldは、こうした次世代iPhone SEに関する噂から仕様や価格を予想しました。
 
同メディアは、iPhone SE(第3世代)が5G対応するとしてもサブ6GHzに加えてミリ波まで対応するかは不明だと記しています。その理由としてMacworldは、iPhone8由来の筐体ミリ波用アンテナを組み込めるのかわからないと指摘しています。
 
iPhone SE(第3世代)が搭載するチップは、今秋にiPhone13シリーズとともに登場すると思われるA15になると考えるのが妥当だろうとMacworldは予想しています。
 
iPhone SE(第3世代)が搭載するカメラは、リアは1,200万画素のままで、フロントは700万画素から1,200万画素にアップグレードされることが期待されるが、実現するかは不明だとしています。

iPhone SE(第3世代)とiPhone SE Plusの販売価格は?

iPhone SE(第3世代)の価格は5Gに対応するぶん値上げされる可能性があるが、それはiPhone SE(第2世代)と比べて50ドル(約5,500円)〜100ドル(約11,000円)程度と、Macworldは伝えています。
 
これを、iPhone SE(第2世代)発売時と現在の為替レートの違いを勘案せずに日本での販売価格に換算すると、iPhone SE(第3世代)の販売価格は税込54,780円〜になると考えられます。
 
Macworldは、iPhone SE(第3世代)が2022年上半期(1月〜6月)に登場、iPhone11の筐体を利用したiPhone SE PlusがiPhone SE(第3世代)より100ドル(約11,000円)高い販売価格で早ければ2022年中、もしくは2023年に発売されると予想しています。
 
 
Source:Macworld
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる