iPhone SE後継モデルが2022年に5G対応、2023年に6.1インチ移行か

    iPhone SE Plus concept

    iPhone SE Plus concept
     
    ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)の最高経営責任者(CEO)ロス・ヤング氏が、iPhone SE(第2世代)の後継モデルに関する情報をTwitterに投稿しました。

    2023年にデザイン刷新か

    ヤング氏が入手した情報によれば、iPhone SE(第2世代)の後継モデルは、2022年に5G サブ6GHzに対応、ただしディスプレイはiPhone SE(第2世代)と同じ4.7インチ液晶ディスプレイのまま、2023年にパンチホールデザインの6.1インチディスプレイに移行するとのことです。
     

    新型iPhone SEに関する噂

     
    iPhone SE(第3世代)や、iPhone SE Plusと噂されるモデルについてこれまで、下記のような仕様になると予想されていました。
     

     
    ヤング氏の情報から考えれば、4.7インチディスプレイ搭載モデルがiPhone SE(2022年モデル)、iPhone SE Plusと噂されてきた6.1インチディスプレイ搭載モデルがiPhone SE(2023年モデル)なのかもしれません。
     
     
    Source:Ross Young/Twitter
    Photo:EverythingApplePro E A P/YouTube
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次