トップページ > iPad Pro > 12.9インチiPad ProのミニLEDディスプレイを分析専門会社が画像と共に解説
2021年7月5日 14時00分

読了まで 21

12.9インチiPad ProのミニLEDディスプレイを分析専門会社が画像と共に解説

iPad Pro AH 0705


 
プロセッサや各種部品の分析専門会社であるTechInsightsが、M1チップ搭載12.9インチiPad ProミニLEDバックライト搭載ディスプレイに関し、拡大写真とともに解説しています。

0.2ミリ角の、10,384個のミニLEDを搭載

TechInsightsによれば、従来モデルでは72個のバックライト用LEDを用いていたのに対しM1チップ搭載12.9インチiPad Proでは、10,384個のミニLEDを搭載しているようです。
 
ミニLEDの大きさは従来のバックライト用LEDの120分の1の大きさで、1個あたり0.2ミリ x 0.2ミリまで小型化されていると、TechInsightsが明らかにしました。
 
iPad Pro miniLED techinsights_3
 
このミニLEDにはSTMicroelectronics製の部品が組み合わせられていますが、これはアクティブマトリクス方式のLED制御用かもしれないと、同社は指摘しています。
 
iPad Pro miniLED techinsights_2
 
M1チップ搭載12.9インチiPad Proでは、これらのミニLEDバックライトを用いて2,596分割の部分制御を行っています。
 
下記画像は、12.9インチiPad Pro(第3世代)が搭載している液晶ディスプレイの拡大画像です。
 
iPad Pro miniLED techinsights_4

2023年には有機ELディスプレイ搭載モデルをラインナップと噂

筆者が購入したM1チップ搭載12.9インチiPad Proでは、場合により発光部周囲に若干の滲みが発生しながらも、高いコントラストによる「深い黒の表現」が実現されているのが確認されていました。
 
iPad Proシリーズの2023年モデルには、自発光式の有機ELディスプレイがラインナップされると噂されています。
 
2023年以降のiPad Proでは、ミニLEDバックライト搭載モデルが併売されるのか、有機ELディスプレイ搭載モデルに切り替わるのか注目です。
 
 
Source:TechInsights
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる