トップページ > Mac > M1とA14 Bionicのダイ比較写真が掲載、両チップの相違点は
2021年1月3日 00時05分

読了まで 148

M1とA14 Bionicのダイ比較写真が掲載、両チップの相違点は

M1 vs A14 die_1


 
半導体分析会社TechInsightsが、M1A14 Bionicのダイ比較写真を掲載し、両チップの相違点を説明しています

M1のダイサイズはA14 Bionicより37%大きい

M1A14 Bionicはどちらも台湾TSMCの5nmプロセスで製造され、アーキテクチャも共通する部分が多いようですが、両チップは搭載デバイスに対して最適化されているようです。
 
TechInsightsによれば、高性能コアであるFirestormコアの数が、M1は4つでA14 Bionicは2つ、高効率コアであるIcestormコアの数は両チップ4つで同じ、M1のCPU1コアとGPUコアはA14 Bionicから倍増し、DDRインターフェースはA14 Bionicの2倍(8対4)になっているとのことです。
 
また、M1にはT2チップやその他のコントローラーも統合されているため、ダイサイズがA14 Bionicよりも37%大きくなっているようです。
 
M1 vs A14 die_2

M1は160億個のトランジスタを搭載

搭載されているトランジスタの数はA14 Bionicが115億個、対してM1は160億個に増加しています。
 
TechInsightsは、A14 Bionicは冷却システムがなくバッテリー搭載量が制限されているモバイルデバイスに、M1は省電力性能がそれほど重要ではないデスクトップアプリケーション向けに最適化されていると説明しています。
 
 
Source:TechInsights (1), (2)
(FT729)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる