2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple Watchの転倒検出機能で78歳の男性が救助〜意識を失っている間に通報

    apple watch 転倒検出

    apple watch 転倒検出
     
    米国で、78歳の男性が転倒し意識を失った際にApple Watch転倒検出機能により消防署に緊急通報が行われ、救助された事例が伝えられました。

    意識を失っている間に救急隊が到着、病院に搬送

    ノースカロライナ州サマーフィールド在住のマイク・イェガーさんが先週、道路上で気を失い激しく転倒しました。彼は意識を失いましたが、Apple Watchが転倒を検知し、自動的に911に電話をかけました。
     
    マイクさんは救助された際、何故救急隊がそこにいるのか理解できなかったそうです。
     
    サマーフィールド消防署の救急隊は彼に出動記録を見せてくれたそうですが、そこには転倒した場所と、「男性で、おそらく意識不明」と記されていたようです。
     
    Apple Watchによる通報」という内容の出動記録を見せられたマイクさんの妻、ローリさんは、「何と言って良いかわからなかった」と延べています。

    価格以上に価値あるデバイスと評価

    夫妻は、安全に対して投資することは重要だとし、Apple Watchに関して、「高価なものですが、65歳以上の方にはその価値があると思います。私は78歳なので、まさにそうでした」と評価しています。
     
    Appleは転倒検出機能の改善に向けた開発を引き続き行っていることが、米国特許商標庁(USPTO)への申請情報から明らかになっています。
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次