トップページ > Apple Watch > 転倒した米アリゾナ州の男性、Apple Watchに救われる
2020年6月7日 16時56分

読了まで 215

転倒した米アリゾナ州の男性、Apple Watchに救われる

apple watch 転倒
 
米アリゾナ州チャンドラー市の男性が転倒したことをApple Watchが検出、自動的に緊急電話をかけたため、無事救助することができた、と報じられています。

Apple Watchが自動で緊急電話を発信

Apple Watch Series 4以降では、着用者が転倒した場合、そのことを検知して、必要に応じて緊急通報サービスに連絡してくれますが、また1人の命が同機能によって救われました。
 
現地時間の4月23日、アリゾナ州チャンドラー市警察通信部に自動の緊急電話がかかってきました。電話には、経度・緯度で位置情報も含まれていたため、救急隊は救助要請のあった場所へと向かいました。
 
救急隊が現場に到着すると、男性が倒れていました。すぐさま適切な処置がとられ、男性は一命をとりとめたと伝えられています。

男性は緊急電話がかけられたことに気付かず

「(Apple Watchをつけていなかったら)男性は位置情報などの情報をいっさい提供することができなかっただろう」と、救急隊を監督するアドリアーナ・カシオラ氏はコメントしています。「男性は我々が到着するまで、救助が要請されたことにも気付いていなかった
 
Apple公式Webサイトの「Apple Watchで転倒検出機能を使う」のページには、Apple Watchの緊急電話機能について次のように説明されています。
 

Apple Watch は着用者が動いていることを感知すると、通知メッセージへの反応があるまでしばらく待ち、自動的に緊急通報サービスに電話することはありません。Apple Watch は、1 分間なんの動作も認められない場合は自動的に通報します。
 
通話後、転倒検知機能が働いて緊急通報サービスに連絡したことを知らせるメッセージが、着用者の位置情報を添えて、緊急連絡先に宛てて送信されます。Apple Watch は、緊急連絡先の情報をメディカル ID から入手します。
 
一部の国や地域では、緊急通報サービスの電話番号が複数用意されています。そうした国では、救急サービスに紐付けられた番号に自動通報します。

 
日本でもApple Watchの心電図(ECG)機能が利用可能になるかもしれない、と先日報じられたばかりです。Apple Watch Series 4で追加されたECG機能は、これまでに多くの人の命を救っています
 
 
Source:KTAR News via 9to5Mac, Apple
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる