トップページ > Apple Watch > Apple、watchOS8のパブリックベータ1をリリース
2021年7月1日 06時58分

読了まで 135

Apple、watchOS8のパブリックベータ1をリリース

watchOS8


 
Appleは現地時間6月30日、watchOS8の初のパブリックベータをリリースしました。

iOS15パブリックベータ1搭載iPhoneが必要

watchOS8パブリックベータ1は、iPhoneのOSをiOSパブリックベータ1へとアップデートすることによって、初めてインストール可能となります。

Wallet機能が新しくなる

watchOS8では様々な新機能が追加されます。そのひとつが、iOS15でも利用可能となる新しいWallet機能です。アメリカでは免許証やホテルの鍵などを追加して、Wallet内に格納したほかのカードと同じように使えるようになります。
 
また「マインドフルネス」アプリが追加され、睡眠時の呼吸が記録可能となり、Apple Fitness+には新たなワークアウトが追加されます。
 
そして文字盤には、人物やペットの写真などが設定可能な「ポートレート」が追加されます。
 
Appleは同日、iOS15およびiPadOS15のパブリックベータ1もリリースしています。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる