トップページ > Apple Watch > 【速報】watchOS8の新機能をAppleが発表〜ヘルスケアや文字盤関連機能を拡充
2021年6月8日 04時34分

読了まで 221

【速報】watchOS8の新機能をAppleが発表〜ヘルスケアや文字盤関連機能を拡充

watchOS8 WWDC21_10


 
Appleが世界開発者会議(WWDC21)で、watchOS8の新機能を発表しました。

ヘルスケア関連アプリを拡充、ポートレート文字盤を利用可能に

watchOS8ではヘルスケア関連アプリとして「マインドフルネス」アプリが導入、「睡眠時の呼吸数の記録」が利用可能になります。
 
また、Apple Fitness+に新しいワークアウトが追加されるほか、「ポートレート」文字盤が提供されます。
 

「マインドフルネス」アプリ

 
「マインドフルネス」アプリでは、ユーザーの気持ちを落ち着けるためのメッセージとアニメーションが文字盤に表示されます。
 
watchOS8 WWDC21_35
 

呼吸数の記録

 
watchOS8では、「睡眠時の呼吸数の記録」が利用可能になります。
 
1分間の呼吸回数がヘルスアプリに記録されることで、睡眠時無呼吸症候群などを把握することができるようになると期待されます。
 
watchOS8 WWDC21_34
 

新しいフィットネス・ワークアウト

 
Apple Fitness+の新しいワークアウトとして「ピラティス」「太極拳」が追加されます。
 
watchOS8 WWDC21_32
 

新しい文字盤「ポートレート」

 
watachOS8に搭載される新しい文字盤「ポートレート」では人物やペットの写真などを文字盤に設定できるようになります。
 
「ポートレート」の文字盤をタップし、設定した写真を共有したり簡単にメッセージが送れるようになります。
 
watchOS8 WWDC21_33
 

「連絡先」アプリを搭載

 
watchOS8では、Apple Watchに「連絡先」アプリが追加され、連絡先の閲覧、追加、編集、連絡先の共有がアプリで直接行えるようになります。
 
watchOS8 WWDC21_36
 

絵文字を使ったメッセージが送信可能に

 
watachOS8では、Apple Watchのメッセージアプリで絵文字を使ったメッセージが送信できるようになります。
 
watchOS8 WWDC21_31
 

「ホーム」アプリを刷新

 
watchOS8の「ホーム」アプリを使い、部屋ごとに対応アクセサリーをコントロールできるようになります。
 
watchOS8 WWDC21_30

AssistiveTouchの導入

watchOS8にはAssistiveTouchが導入、ジェスチャー操作により、ディスプレイに触れることなくApple Watchを片腕で使用し、電話への応答や、モーションポインタを使用した画面の操作ができるようになりますす。
 
 
Source:Apple
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる