トップページ > iOS > iOS15ベータで確認されているバグと不具合まとめ
2021年6月27日 00時45分

読了まで 241

iOS15ベータで確認されているバグと不具合まとめ

iOS15 新機能 WWDC21


 
iOS15は現在、開発者向けベータ2がリリースされていますが、まだ多くのバグや不具合が残っています。海外メディアiPhoneHacksが、現在までに確認されているiOS15のバグをまとめているのでご紹介します。

iOS15正式版の公開は秋

iPhone向けの次世代OSであるiOS15は、現地時間6月7日に世界開発者会議(WWDC21)の基調講演で発表され、基調講演の直後にベータ1が、先日ベータ2が開発者向けにリリースされています。
 
なお、登録ユーザー向けのパブリックベータは7月にリリース予定です。
 
ベータテストを繰り返して不具合を修正し、一般ユーザー向けの正式版が秋に公開される予定ですが、現時点では多くの不具合が確認されています。
 

iOS15ベータ1で確認されている不具合とバグ

以下が、現在までに確認されているiOS15ベータ1の不具合やバグです。
 

  • 「手前に傾けてスリープ解除」で画面が明るくならない
  • AssitiveTouch機能の一部が正常に動作せず、意図せずSiriが起動してしまう
  • ミー文字が正常に描画されない場合がある
  • バッテリーウィジェットで、接続されたデバイスのバッテリー残量が正常に表示されない
  • CarPlayで、ミュートとルート全体表示のボタンが一部の車種で表示されない
  • Siriを短時間に何度も呼び出すと、Siriが出てこなくなる
  • FaceTimeでリアカメラを使っているとズームのインジケーターが表示されない
  • グループFaceTimeでポートレートモードを使うと、ズームされてしまう
  • 名前に絵文字を含む連絡先に発信しようとすると、FaceTimeが応答しなくなる
  • 集中モードで自動返信機能が正常に機能しない
  • いくつかの状況でガイドアクセス機能が起動に失敗する
  • ヘルスケアアプリのデータ共有機能は、データの不足、変更、表示まで長時間かかるなど、問題が多い
  • 集中モードを有効にしていると、ホーム画面のページが表示されないことがある
  • App Libraryをスクロールすると、ヘッダー部分がフェードアウトせずに重なってしまう
  • iPadOS15で、ホーム画面にウィジェットを追加するとレイアウトに問題が生じる
  • メールアプリのスキャン機能が動作しない

 

iOS15ベータ2で確認されている不具合とバグ

先日リリースされたベータ2でも、すでに以下の不具合とバグが確認されています。
 

  • iPadOS15ベータ2が、9.7インチiPad ProのWi-Fi + Cellularモデルにインストールできない
  • Safariで一部のWebサイトを閲覧すると、操作ボタンが重なって表示される
  • 一部のiPhoneで、iCloud Private RelayがiCloudの設定メニューに表示されない
  • Safariのおすすめ機能が一部のユーザーで表示されなくなる
  • メッセージアプリで、最新の会話がアップデートされなくなる。アプリを再起動すると修正される
  • iPhone12ユーザーが、iOS15ベータ2では5GからLTEへのフォールバックが起こりやすいと報告
  • iOS15ベータ2のカメラアプリで、テキストの認識表示が動作しない
  • 背面タップでiPhoneをロックしようとしても正しく動作しない
  • iCloudメールのプッシュ通知が動作しない

 
 
Source:iPhoneHacks
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる