トップページ > iOS > 【速報】iOS15発表!FaceTimeがAndroidスマホにも対応、通知も進化
2021年6月8日 04時14分

読了まで 222

【速報】iOS15発表!FaceTimeがAndroidスマホにも対応、通知も進化

WWDC21 iOS15


 
Appleは、現地時間6月7日に開幕した世界開発者会議(WWDC21)で、iOS15を発表しました。ビデオ通話機能のFaceTimeがApple製品以外でも利用可能になり、通知を抑制する機能などが追加されます。

iOS15、正式版は秋に公開

WWDC21で発表されたiOS15は、同日、開発者向けベータがリリースされ、7月には登録ユーザー向けパブリックベータがリリースされます。一般ユーザー向け正式版は、2021年秋に公開されます。
 
以下、主な機能をご紹介します。

FaceTime:WIndowsやAndroidにも対応

WWDC21 iOS15
 
iPhone用の次世代OS、iOS15では、「FaceTime」アプリでの通話中の音声を、空間オーディオ機能を使うことで、同じ部屋にいるかのように聞くことができます。
 
「声を分離」機能を使えば、ノイズを取り除いた鮮明な音声を聞くことができ、「ワイドスペクトラム」機能により、周囲の音を捉えることも可能です。
 
「FaceTimeリンク」機能により、ビデオ通話の予定をメッセージやカレンダーで共有可能になります。
 
WWDC21 iOS15
 
また、音楽や映像を通話相手と共有することも可能になります。
 
「FaceTime」が、WindowsパソコンやAndroidスマートフォンでも、エンド・トゥ・エンドの暗号化を維持したまま、利用可能になります。
 
WWDC21 iOS15
 

集中モード:余計な通知を抑制

WWDC21 iOS15
 
通知を要約して表示するほか、邪魔してほしくない時は「おやすみモード」にすることで、自分の状態を共有可能になります。
 
仕事中、家にいる時などの状況に応じ、通知をするアプリを選択できます、

 

テキストの認識表示

WWDC21 iOS15
 
カメラで撮影した手書き文字を認識してテキスト化できます。既存の写真やスクリーンショットからの認識にも対応します。
 
認識した情報は、メッセージで送ったり、電話番号を認識して電話をかけることも可能です。
 
残念ながら、当初は日本語には未対応です。

 

マップ:ARを使った歩行者ナビが可能に

WWDC21 iOS15
 
世界の主要都市で、市街地の建物の形状など詳細情報を表示可能です。
 
道路のナビゲーションも、高速道路の分岐では拡大3D表示するなど、より見やすく進化します。
 
車での移動時だけでなく、公共交通機関利用時のナビゲーションに対応し、周囲の建物を認識して拡張現実(AR)によるナビゲーションも可能になります。
 
WWDC21 iOS15 マップ
 
 
Source:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる