トップページ > 最新情報 > Apple、パスワード不要でログインが可能となる新機能「passkey」を開発中
2021年6月11日 10時28分

読了まで 210

Apple、パスワード不要でログインが可能となる新機能「passkey」を開発中

passkey


 
Appleは、ユーザーがパスワードの代わりにFace IDやTouch IDを使ったアカウント認証を行えるようにするための新機能「passkey」を開発中であると、世界開発者会議(WWDC21)にて発表しました。

将来的に、パスワード入力なしでのログインが可能に

「Passkeys in iCloud Keychain」は、iOS15macOS Montereyに搭載される機能で、「passkey」と呼ばれるWebAuthnの認証情報をiCloudキーチェーンに保存します。WebAuthnのシステムでは、パスワードの代わりに公開鍵と秘密鍵の組み合わせを利用して認証を行います。
 
passkeyを使ってアカウントを作成するとパスワード設定が必要ではなくなり、Touch IDやFace IDによるログインと認証だけで、アカウントにアクセスできるようになります。
 
Webサイトで使用する固有のpasskeyの生成と保存をAppleデバイスが処理するため、パスワードは不要で、ログインはユーザー名を入力して認証するのみとなります。passkeyは、iCloudキーチェーンによりエンドツーエンドで暗号化され、全てのAppleデバイス間で同期されます。全ての認証情報がiCloudキーチェーンに保存されているため、Appleデバイスを紛失したり盗難にあっても、認証情報を復元することが可能です。

現在、passkeyはAppleデバイスでのみ動作可能

passkeyは、従来のパスワード+二要素認証よりも安全性が高く、開発者はpasskeyによるログインのサポートを簡単に実装することができます。現時点で、この機能はAppleのデバイスでのみ動作するため、AppleはFIDOやWorld Wide Web Consortiumのパートナーと、ユーザーがAppleのデバイス以外でもパスワードを使わずに済むような幅広いソリューションについて議論を重ねています。
 
iOS15及びmacOS MontereyのPasskeysはテスト版のみの提供となり、正式にリリースされているわけではありません。Appleは、パスワードを置き換えるための複数年に渡る取り組みの一環として、開発者にこの機能のテストを許可しています。
 
 
Source:CNET via MacRumors
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる