トップページ > iOS > iOS15、iPhoneが電源オフでも初期化されても場所を特定可能
2021年6月8日 09時54分

読了まで 146

iOS15、iPhoneが電源オフでも初期化されても場所を特定可能

Apple 「探す」


 
iOS15では、万が一iPhoneが盗まれて電源を切られたり、初期化されてしまっても「探す」ネットワークでiPhoneの場所を探すことができるようになります。

iPhoneの電源オフでも場所を特定可能に

iOS15では、iPhoneの電源がオフになったり、バッテリーが切れてしまっても「探す」ネットワークで位置を探せるようになります。
 
iOS15 探す
 
これは、AirTagのように省電力のBluetooth通信を使って周囲のAppleデバイスと通信することで、持ち主がiPhoneの場所を確認できるようになるためです。
 
iPhoneの電源を完全に切り、Bluetoothによる通信を行わないようにするためには、省電力状態でiPhoneを探す機能をオフにする必要があります。

iPhoneを初期化しても探せる

iOS15では「設定」アプリから「すべてのコンテンツと設定を消去」の操作をしてiPhoneを初期化しても、「探す」ネットワークとアクティベーションロック機能により位置を特定することも可能です。
 
Appleはこの機能の目的について、盗まれたデバイスを知らずに買ってしまう人がでないようにするため、と説明しています。
 
起動時に表示される「hello」画面では、デバイスがロックされており、所有者の持ち物であることを明示するものです。
 
 
Source:Apple via 9to5Mac
Photo:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる