トップページ > iPhone13 > iPhone13 Proシリーズ搭載が噂される超薄型放熱部品を、村田製作所が開発
2021年5月26日 00時00分

読了まで 143

iPhone13 Proシリーズ搭載が噂される超薄型放熱部品を、村田製作所が開発

iPhone12s Pro Max


 
村田製作所とCooler Masterが、iPhone13 Pro(iPhone12s Proとの噂もあり)シリーズへの搭載が噂される超薄型放熱部品「ベイパーチャンバーを共同開発したと発表しました。

村田製作所とCooler Masterが共同開発

両社は、高性能スマートフォンで採用が進むベイパーチャンバーを開発しました。村田製作所とCooler Masterが開発したベイパーチャンバーの厚さは200マイクロメートルだと、台湾メディアDigiTimesが伝えています。
 
村田製作所とCooler Masterは共同開発を強化するため、2021年後半を目処にCooler Masterの本社敷地内に村田製作所の開発・試験施設を建設します。

スペース効率と放熱性能を両立するベイパーチャンバー

iPhone13 Proシリーズには放熱機構として、ベイパーチャンバーが搭載されると噂されています。
 
ベイパーチャンバーは従来のグラファイトシートやヒートパイプと比べ、スペース効率と放熱性能に優れるとDigiTimesが説明しています。
 
村田製作所の持つ小型部品製造技術に基づき開発された今回のベイパーチャンバーにより、電子機器内部の熱を効率的に排出し安定した動作が得られると、DigiTimesは報じています。
 
 
Source:DigiTimes
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる