2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPadOS15が、M1チップ搭載iPad Proの処理能力を活かすものになる?

    iPadOS15 concept

    iPadOS15 concept
     
    テック系メディアiMoreが、iPadOS15は、M1チップ搭載iPad Proの処理能力を活かすものになるとの予想を伝えました。

    iPadOS15はマルチタスクを改善、M1チップ搭載iPad Proに最適化?

    新型iPad Proには、Macにも搭載されるM1チップやThunderboltポートが搭載されたことで、処理能力や転送速度が向上しています。
     
    ただし、Thunderboltポートは1つであり、キーボードやトラックパッドを使うためにはMagic Keyboardを別途購入する必要があること、バッテリー駆動時間もMacBook AirやMacBook Proより短いため、それらの代替品にはならないとiMoreは指摘しています。
     
    同メディアは、iPadOS15は新型iPad Proに最適化され、特徴を活かすものになると予想しています。
     
    その例として、iPadOS14のマルチタスク機能はMacと比べて使い勝手が良くないとし、Split ViewやSlide Overの改善をあげています。

    M1チップ対応Xcodeなどが動作可能になる?

    リーカーのジョン・プロッサー氏は2020年4月に、「iPad Proで動作可能なXcodeFinal Cut Pro、Logic Proが提供される」と予想しましたが、まだ実現していません。
     
    Xcode 12のページには、「本アプリはユニバーサルアプリとして作られており、IntelベースのCPUと、Appleシリコンの両方で100%ネイティブに動作する」と記載されていることが報告されていました。
     
    M1チップ搭載iPad Proには、こうしたアプリが提供されることも期待されます。
     
     
    Source:iMore
    Photo: Andrea Copellino/YouTbe
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次