NOMAD、AirTagをメガネに取り付けられるストラップなど発表

    NOMAD AirTag アクセサリー

    NOMAD AirTag アクセサリー
     
    Apple製品向けの高品質なアクセサリで知られる米NOMADが、AirTagをメガネにとりけられるストラップやレザー製キーチェーン、レザーループを発表しています。

    1月にリークされていた製品が登場

    NOMADは、Appleが発表した紛失防止タグAirTag向けのアクセサリ「Glasses Strap For AirTag」「Leather KeyChain For AirTag」「Leather Loop For AirTag」を発表しました。
     
    2021年1月に、NOMADがAirTag用アクセサリを準備しているとのリーク情報が注目されましたが、発表された3製品のうち2製品は、1月に流れた情報どおりの製品が発表された格好です。

    メガネにAirTagをつけられるストラップ

    新製品の1つは、AirTagをメガネに取り付けられる「Glasses Strap For AirTag」で、メガネやサングラスの耳にかける部分に取り付けて、AirTagを取り付けられるストラップです。
     
    NOMAD AirTag アクセサリー
     
    メガネをかけていない時はストラップで首にかけておき、メガネを見失った時は「探す」ネットワークで簡単に見つけることができます。
     
    AirTagを取り付ける部分は、柔軟で耐水性のあるTPU製です。
     
    NOMAD AirTag アクセサリー
     
    アメリカでの販売価格は39.95ドル(約4,300円)ですが、本稿執筆時点では29.95ドル(約3,200円)で予約注文を受け付けています。
     
    発送予定は7月中旬と案内されています。

    高品質レザーを用いたレザー製キーチェーン

    Leather KeyChain For AirTag」は、レザー製のケースにブラックステンレスを組み合わせた、AirTag用のキーチェーンです。
     
    NOMAD AirTag アクセサリー
     
    レザーはNOMAD製品に多く使われる、アメリカの伝統あるタンナー、ホーウィン製が用いられ、使い込むほどに味が出るのが特徴です。
     
    NOMAD AirTag アクセサリー
     
    カラーバリエーションは、ラスティック・ブラウン、ブラック2色が用意されています(ナチュラルも表示されますが、注文は受付ていません)。
     
    NOMAD AirTag アクセサリー
     
    アメリカでの販売価格は39.95ドル(約4,300円)ですが、本稿執筆時点では29.95ドル(約3,200円)で予約注文を受け付けています。
     
    発送予定は7月20日まで、と案内されています。

    薄型のレザーループも

    Leather Loop For AirTag」は、AirTagに厚さが2ミリ加わるだけの薄型のレザーループです。
     
    NOMAD AirTag アクセサリー
     
    「Leather KeyChain For AirTag」と同様のホーウィンレザーに、ステンレス製キーリングが組み合わせられます。
     
    カラーバリエーションはラスティック・ブラウン、ブラック、ナチュラルの3色で、キーリングのカラーはラスティック・ブラウンとブラックがブラック、ナチュラルにはシルバーが組み合わせられます。
     
    アメリカでの販売価格は24.95ドル(約2,700円)ですが、本稿執筆時点では19.95ドル(約2,200円)で予約注文を受け付けています。
     
    発送予定は6月21日まで、と案内されています。

    NOMAD製品は、日本ではTokyo Macが多く販売

    NOMADの製品は、日本ではTokyo Macから数多く販売されています。本稿執筆時点で、Tokyo Macからの発表はありませんが、日本での販売に期待したいところです。
     
    iPhone、AirPods、Apple Watchを同時に充電できる「NOMAD Base Station Pro」や、AirPods用レザーケースApple Watch用バンドなどのNOMAD製品が、Tokyo Macから販売されています。
     
     
    Source:NOMAD via 9to5Toys
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次