トップページ > 最新情報 > iPhone13 mini、光学式手ぶれ補正機能搭載のためレンズを斜めに配置か
2021年4月16日 09時00分

読了まで 146

iPhone13 mini、光学式手ぶれ補正機能搭載のためレンズを斜めに配置か

iPhone12s rear camera AD


 
中国のソーシャルメディアWeiboに、IT大施兄氏がiPhone13 mini(iPhone12s miniとの噂もあり)のCADレンダリング画像を投稿しました。

大型化するカメラモジュールによりレンズが斜め配置に

iphone-13-render
 
IT大施兄氏が投稿したiPhone13 miniCADレンダリング画像でも、先日報じられた通り、リアカメラのレンズ配置が斜めになっています。
 
斜めになる理由は、センサーシフト方式の光学式手ぶれ補正機能搭載のためのスペースを確保するためと、テック系メディアiMoreが予想しています。

iPhone13とiPhone13 miniへのLiDAR搭載は無い?

iPhone13シリーズでは、iPhone13 ProおよびiPhone13 Pro Maxだけではなく、iPhone13とiPhone13 miniにもLiDARが搭載されると噂されていました。
 
しかし、今回IT大施兄氏が投稿したiPhone13 miniのCADレンダリング画像には、LiDARが搭載されている様子は見受けられません。
 
なお、「mini」モデルはiPhone14シリーズ(仮称:2022年モデル)にはラインナップされず、iPhone13 miniで廃止される可能性があるようです。
 
 
Source:IT大施兄/Weibo, MyFixGuide via iMore
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる