トップページ > 最新情報 > eSIM採用のデバイス数が2025年には34億個に 180%の成長
2021年3月30日 08時12分

読了まで 157

eSIM採用のデバイス数が2025年には34億個に 180%の成長

iPhoneにeSIMをインストールする画像


 
eSIMとはスマートフォンなどのデバイスに埋め込まれたSIMのことです。近年、特にスマートフォンで採用が多くなっており、2025年には搭載するコネクティッドデバイスが34億個に達するとされています。

2021年の12億個から2025年には34億個に

eSIMとはembedded SIMの略で、従来のような物理的なSIMではなく、スマートフォンなどのデバイス内部に格納されたICチップにユーザープロファイルを保存するものを指します。
 
eSIMのメリットは、複数のプロファイルをソフトウェア上で切り替えられることから、通信事業者の乗り換えが容易という点です。また、端末盗難時にSIMカードを抜き取って追跡できなくするという手口が使えなくなり、セキュリティ性を高められるという利点もあります。
 
調査会社のJuniper Researchによると、コネクティッドデバイスに搭載されるeSIMの数は、2021年には12億個だったのに対し、2025年には34億個に達するとのことです。これは180%の成長に相当します。
 
特に民生部門が成長をけん引し、全体の94%を占めています。

eSIMを積極的に採用するApple

eSIMを特に積極的に採用しているのがAppleです。
 
Apple Watch Series 3で同社として初めてeSIMを採用したのを皮切りに、第3世代のiPad ProやiPhone XS/XRにも搭載し、現在では多くのApple製品がeSIM内蔵となっています。
 
iOS14.5では、物理SIMとeSIMのデュアルSIMモードで5G通信が可能になるといわれています。
 
日本においては、IIJmioなどがeSIMに対応しています。

 
 
Source:Juniper Research via 9to5Mac
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる