トップページ > 最新情報 > 新型Appleシリコン「M1X」は「M1」から大幅にアップグレード〜プロッサー氏
2021年3月4日 12時40分

読了まで 216

新型Appleシリコン「M1X」は「M1」から大幅にアップグレード〜プロッサー氏

M1X iMac


 
リーカーのジョン・プロッサー氏によれば、新型iMacや14インチおよび16インチMacBook Proが搭載すると噂の新しいAppleシリコン、「M1X」のパフォーマンスは「M1」から大幅に向上するようです。

CPUコア数、GPUコア数、メモリ搭載量が増加

CPU情報を比較掲載しているサイトCPU Monkeyが、2021年2月17日に掲載した未発表のAppleシリコン、「M1X」のものとするベンチマークスコアは、「M1」との性能比を正しく示しているようです。
 
CPU Monkeyは「M1X」と「M1」を比較し、動作周波数は3.2GHzで変わらず、CPUコア数は8コアから12コアに増加、その構成は、高性能コアの「Firestormコア」が8コア、高効率コアの「Icestormコア」が4コアと記しています。
 
メモリ搭載量も、「M1」の16GBから「M1X」は32GBに倍増、L2キャッシュもM1の16MBに対し28MBに増加するようです。
 
また、「M1X」のGPUコア数は16コア、実行ユニット数が256、GPUメモリが16GB、いずれもM1から倍増、サポートするディスプレイ数も、「M1」の2から3に増加する見通しです。

M1から大幅にアップグレードされる

結果、Cinebench R23(シングルコア)のスコアは「M1」と同じ1,514ながら、Cinebench R23(マルチコア)は「M1」の7,760に対し14,450、iGPU-FP32 Performance(Single-precision GFLOPS)も2,600に対して5,200と、約2倍のスコアと報告されていました。
 
CPU Monkeyの報告に加え、プロッサー氏も「M1後継となる新しいAppleシリコンは、かなりアップグレードされたものになる」とGenius Bar Podcastで報告したことから、リーク情報まとめサイトAppleTrackは、M1XがM1の約2倍のスコアを記録したとする結果に間違いないだろうと期待を示しています。
 
「M1X」は、23インチもしくは24インチディスプレイ採用するとの情報がある21.5インチiMac後継モデルと、新デザインを採用すると噂の14インチおよび16インチMacBook Proに搭載されるとみられています。
 

 
 
Source:Genius Bar/Podcast via AppleTrack
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる