トップページ > iPhone12 mini > iPhone12 miniの占める割合は5%〜ディスプレイサイズと販売価格が原因か
2021年2月10日 03時30分

読了まで 210

iPhone12 miniの占める割合は5%〜ディスプレイサイズと販売価格が原因か

iPhone12 mini weak sales


 
米国における2021年1月前半(1日〜15日)のiPhone販売台数にiPhone12 miniが占めた割合は、わずか5%だったことが報告されました。原因として、6インチ以下のディスプレイサイズのスマートフォンに対する需要が少ないことや、iPhone SE(第2世代)と比べた場合の価格の高さが指摘されています。

6インチ以下のディスプレイサイズへの低い需要が原因か

iPhone12 miniは当初の見通しよりも需要が低く推移していることから、積み上がった在庫を調整するために、製造を停止する可能性があるとの指摘があります。
 
Reutersによれば、米国における2021年1月前半(1日〜15日)のiPhone販売台数でiPhone12 miniの占める割合は、わずか5%だったとのことです。
 
Reutersはその原因について、「多くのユーザーが6インチ以上のディスプレイサイズを選択している状況で、iPhone12 miniは価格が安いにも関わらず販売実績に結びついていない」と記し、ディスプレイサイズが小さいことを原因にあげています。
 
Smartphone sales by displays size

iPhone SE(第2世代)との価格差が理由との指摘

対して、テック系メディアTom’s Guideは、iPhone12 miniの販売価格が相対的に高いことが原因ではないかと考えています。
 
iPhone12 miniの価格は699ドル(日本では税別74,800円〜)で、iPhone12よりも100ドル安い(日本では税別9,000円安い)が、iPhone SE(第2世代)と比べれば300ドル高い(日本では税別30,000円高い)ことから、iPhone12 miniを選択する意義を見つけることの難しさを、同メディアは指摘しています。
 
 
Source:Reuters via iPhoneHacks, Tom’s Guide, Counterpoint
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる