トップページ > 最新情報 > 新型MacBook Air、SDスロット付MacBook Proが早ければ年内登場か
2021年1月22日 22時05分

読了まで 150

新型MacBook Air、SDスロット付MacBook Proが早ければ年内登場か

2021 MacBook Pro_3


 
Bloombergが、新型ハイエンドMacBook Air新型MacBook Pro、セルラー通信機能内蔵Macと、Mac用Face IDについて報じました。

新型ハイエンドMacBook Airが登場

Bloombergによれば、Appleが開発中の新型MacBook Airは下記のような特徴を持つようです。
 

  • 早ければ2021年下半期(7月〜12月)か、2022年に登場
  • 新しいAppleシリコンを搭載
  • MagSafe充電方式を採用
  • 画面サイズは13インチのままだが、ベゼルが細くなる
  • フットプリントの縮小と軽量化
  • 2つのUSB 4端子を搭載
  • 新型MacBook Airは、ハイエンドモデルとして追加
  • 現行モデルも、エントリーモデルとして残る
  • 15インチMacBook Airの開発も検討したが、中止

 
MagSafe充電方式のデザインがどうなるかは不明ですが、かつてのMacBookシリーズに搭載されていたもののように、電源ポートに磁気で吸着し、力が加わった際に外れる構造になるようです。

SDカードスロット搭載MacBook Proや、Macへの通信機能とFace IDの搭載

MacBook Proについては、以前のモデルが搭載し、現行モデルでは非搭載とされたSDカードスロットが復活するとのことです。
 
また、セルラー通信機能を搭載したMacや、Face IDを搭載したMacをAppleは開発しているようですが、早々に搭載機種が登場する可能性は低そうです。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:MacRumors
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる