トップページ > 最新情報 > AppleがEVベンチャーのCanooの買収を議論していた?
2021年1月13日 11時28分

読了まで 150

AppleがEVベンチャーのCanooの買収を議論していた?

Canooの電気自動車の画像


 
Appleは自動運転車であるApple Carの開発を行っているとされており、最近さまざまな自動車メーカーと提携について話しているといううわさがあります。今回出てきた情報は、電気自動車(EV)のベンチャーであるCanooを買収しようと議論していたというものです。

スケーラブルな「Skateboard」プラットフォームのCanoo

Canooは米国カリフォルニア州のEVベンチャー企業です。独自の「Skateboard」プラットフォームを持ち、スケーラブルな電気自動車技術を持つことで知られています。
 
Skateboardは油圧ではなく電気信号でステアリングを制御する「steer-by-wire」技術により、車の電子機器をより多く統合することで、デザインの柔軟性を高めることが可能です。
 
この技術が魅力的であったために、AppleはCanooと2020年に投資や買収の議論を行ったそうです。CanooもAppleからの投資に対して興味を持っていたそうですが、最終的に話し合いは決裂したとのことです。

さまざまな自動車企業とのうわさが絶えないApple

Apple Carに関しては、最近、HyundaiMercedes-Benzなどと提携の交渉を行っているといううわさがありました。
 
著名なアナリストのミンチー・クオ氏はApple Carの登場時期について、早くても2025年、現実的に考えれば2028年以降と述べています。
 
また、Appleは2019年に自動運転車のベンチャーであるDrive.aiを買収しています。
 
 
Source:THE VERGE
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる