トップページ > Mac > 14/16インチMacBook Proの発売で、Appleシリコン占有率が7%に増加
2021年1月6日 22時28分

読了まで 21

14/16インチMacBook Proの発売で、Appleシリコン占有率が7%に増加

14inch macbook pro


 
Appleシリコンを搭載する新型14インチMacBook Proと16インチMacBook Proが発売された場合、2021年に出荷されるラップトップに搭載されるプロセッサ別割合で、Appleシリコンが7%まで増加するとの予測を、台湾の調査会社TrendForceが発表しました。

プロセッサ別割合が1%未満から7%に増加との予測

TrendForceによるプロセッサ別割合予測では、Appleシリコンを搭載する新型14インチMacBook Proおよび新型16インチMacBook Proが2021年下半期(7月〜12月)に発表された場合、Appleシリコンの占める割合が7%に増加する見通しです。
 
現時点でのAppleシリコンの占める割合、つまりM1チップ搭載MacBook AirとM1チップ搭載13インチMacBook Proが占める割合は、1%にも達していないようです。
 
AMD製プロセッサに関しTrendForceは、2020年にRyzen 3000シリーズ搭載ラップトップが大幅に増加したことから、本年は出荷台数ベースで20%を占めると予測しています。
 
Appleシリコンの7%とあわせれば、AMDとAppleとで27%に達することから、Intelは何らかの対応策を検討する必要に迫られるかもしれません。

OS別ではWindows OS搭載機の割合が下落傾向

TrendForceによれば、ラップトップ出荷台数においてWindows OS搭載機の占める割合が下がっており、2020年に初めて80%を下回ったようです。
 
TrendForceは、Windows OS搭載機の占める割合が今後も下がると見込んでおり、Windows OS搭載機が70%〜75%、Chrome OS搭載機が15%〜20%、macOS搭載機が10%未満で安定すると予測しています。
 
 
Source:TrendForce via iMore
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる