2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Appleが来年2つのMacBook ProとGaN充電器、翌年に廉価なAir発表か

    Apple Silicon Macs_03

    Apple Silicon Macs_03
     
    TF Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏がミニLEDバックライトディスプレイを搭載する2つの新型MacBook Proが2021年に登場、2022年には、現行のM1チップ搭載MacBook Airよりも安価なMacBook Airが登場するとの予想を伝えました。

    ミニLED搭載モデルは、14インチおよび16インチMacBook Proか

    クオ氏は、投資家向けの最新のレポートで、2021年にミニLEDバックライトディスプレイとAppleシリコンを搭載する、2つのMacBook Proが発表されると伝えています。テック系メディアiMoreはこの2モデルについて、14インチおよび16インチMacBook Proだろうと予想しています。
     

    2022年に廉価な新型MacBook Air発表を予想

    クオ氏はMacBook Airについて、2022年に現行のM1チップ搭載MacBook Airよりも安い、ミニLEDバックライトディスプレイを搭載した新型MacBook Airが登場すると予想しています。
     
    ミニLEDバックライトディスプレイ採用によるコスト上昇分は、IntelプロセッサからAppleシリコンに切り替えた分の原価低減分で相殺され、販売価格が上がることはないと、クオ氏は述べています。
     
    クオ氏はこの新型MacBook Airのデザインについて明言していませんが、iMoreは、新デザインになるのではないかと予想しています。
     
    これらの新型MacBookの発売により、クオ氏の予想では今後3年以内にMacBookの出荷台数が年間約3,000万台に増加することが期待できるようです。

    GaN採用小型電源アダプタを2021年に発売か

    クオ氏の予想では、Appleは2021年に窒化ガリウム(GaN)を採用して小型化した電源アダプタを、2機種〜3機種発売する可能性があるようです。中国の情報サイトであるIT之家が2020年2月20日、Appleが窒化ガリウム(GaN)採用電源アダプタを開発中だと報じていました。
     
     
    Source:iMore, AppleInsider, 9to5Mac
    Photo:Wccftech
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次