トップページ > 最新情報 > Mac版「Tweetbot」、macOS Big SurとM1搭載Macをサポート
2020年11月26日 12時48分

読了まで 154

Mac版「Tweetbot」、macOS Big SurとM1搭載Macをサポート

Tweetbot


 
Mac版Twitterアプリ「Tweetbot」が、macOS Big Surと新たに発売されたM1チップ搭載Macに対応しました。

Appleシリコン搭載Macでネイティブ動作するユニバーサルアプリに

M1チップ搭載Macに対応したことで、Tweetbotは新型MacBook ProMacBook AirMac miniでネイティブ動作するようになり、Intelプロセッサ搭載MacとAppleシリコン搭載Macでネイティブ動作するユニバーサルアプリとなりました。
 
Appleシリコン搭載Macでは、3種類のTwitterアプリケーションを実行することができます。
 

  • iPhone/iPad用Twitterアプリ:Mac App Store上より提供。
  • Intelプロセッサ搭載Mac用Twitterアプリ:Rosetta 2により、Appleシリコン搭載Mac上でをそのまま使うことができます。Rosettaが導入されたM1チップ搭載Macでアプリを起動させた方が、Intel搭載Mac上で動かすよりもパフォーマンスが良くなることがあるとAppleは述べています。
  • ユニバーサルアプリ:Appleシリコン用とIntelプロセッサ用に設計されたアプリのことで、Mac App StoreもしくはWebよりダウンロードが可能。

 
M1チップ搭載Macでネイティブに稼働するアプリを確認したい場合は、Finderで「アプリケーションフォルダ」を開き、アプリを右クリックして「情報を見る」を選択してください。情報画面でアプリがユニバーサル、Intelプロセッサ専用またはAppleシリコン専用に設計されているかどうかが確認できます。
 
 
Source:Mac App Store via 9to5Mac
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる