2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Appleシリコン対応Parallelsの開発は順調も、仮想化マシンは動作しない

    Paralles 16_03

    Paralles 16_03
     
    Mac用の仮想化ソフト、Parallels Desktop for Macを提供するParallelsが、Appleシリコン対応Parallelsの開発は順調も、現行バージョンでは仮想化マシンは動作しないと報告しています。

    現行バージョンでは仮想化マシンの実行不可

    Parallelsが、Appleシリコンを搭載したMacでは「Parallels Access」「Parallels Toolbox」「Parallels Clientソフトウェア」の動作確認が取れているが、現行バージョンでは仮想化マシンは実行できないと報告しています。
     
    同社は既にM1チップ搭載Macに対応する新バージョンを開発中であり、進捗状況も順調なようです。AppleはWWDC 2020で、Appleシリコン搭載Macで動作する「Parallels Desktop for Macプロトタイプ」のデモを行い、Linux仮想マシンを実行していました。
     
    Parallelsは、「ARM版Windows 10で、x64アプリケーションのサポートを追加する」とのMicrosoftの発表は興味深いと述べていることから、Windows仮想化マシンをM1チップ搭載Macで実行できるようにすることも視野に入れていると予想されます。

    Parallels・テクニカルプレビュー・プログラムを用意

    Parallelsは、開発中の新バージョンのテクニカルプレビュー・プログラムを用意しています。同プログラムに参加するには、「Parallels Desktop for Mac with Apple M1 chip」プログラムに登録し、ニュースレターを購読する必要があります。
     
     
    Source:Parallels (1), (2) via iPhone in Canada
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次