トップページ > 最新情報 > ARM版Windows 10対応 x64エミュレーションが11月に提供
2020年10月1日 04時00分

読了まで 25

ARM版Windows 10対応 x64エミュレーションが11月に提供

Surface Pro X


 
Microsoftの最高製品責任者(CPO:Chief Product Officer)であるパノス・パネイ氏が、ARM版Windows 10対応x64エミュレーションを11月にリリースすると発表しました。x64エミュレーションが提供されれば、ARM版Windows 10で64ビット(x64)アプリが動作可能になります。

11月に、Windows Insider Programで提供

パネイ氏によれば、ARM版Windows 10対応x64エミュレーションは11月に、Windows Insider Programで提供されます。
 
ARM版Windows 10では64ビット(x64)アプリを動作させることが出来ないため、Surface Pro XなどのARMプロセッサ搭載デバイスでは、利用できるアプリが限られていました。
 
2020年10月1日現在、Surface Pro Xの製品ページには、下記の制限事項が記載されています。
 

64ビット(x64)アプリは動作しません。64ビット(ARM64)アプリ、32 ビット(ARM32)アプリ、または 32ビット(x86)アプリが必要になります。多くのアプリでは 32ビット(x86)バージョンも提供されていますが、アプリ開発元によっては64ビット(x64)アプリのみの場合もあります。Microsoft Storeで使用できるアプリの多くは、ARMベースPC上の Windows 10 と互換性があります。

ARMネイティブのMicrosoft Teamsがまもなく登場

パネイ氏によれば、VisualStudioコードはアップデートによりARM版Windows 10に最適化され、ARMネイティブのMicrosoft Teamsもまもなく登場予定とのことです。
 
同氏は、「Microsoftは、Acer、HP、Lenovo、Samsungと協力しながら、ARM版Windows 10の開発と改善を進めている」と伝えています。
 
 
Source:Windows Experience Blog via Wccftech, Microsoft
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる