トップページ > Mac > M1チップでMac miniと13インチMacBook Proが6Kディスプレイに対応
2020年11月11日 14時53分

読了まで 154

M1チップでMac miniと13インチMacBook Proが6Kディスプレイに対応

6k ディスプレイ


 
Apple独自設計の「M1」チップを搭載することにより、Mac mini13インチMacBook Proで6Kディスプレイ対応が初めて実現しました。6Kディスプレイには、AppleのPro Display XDRなどが挙げられます。

これまでは5Kディスプレイまでをサポート

旧世代のIntelベースのMac miniと13インチMacBook Proは、ともに5Kディスプレイまでの対応となっていましたが、現地時間11月10日のイベントで発表された新型Mac mini13インチMacBook Pro6Kディスプレイ対応となっています。
 
6KディスプレイのサポートはMacラインナップの中で拡がりつつあり、2018年の15インチおよび16インチMacBook Pro(4つのThunderboltポートを搭載)、2019年以降のiMacモデル、2019年のMac Proが対応となっています。
 
なおAppleのPro Display XDRは、Thunderbolt 3とBlackmagic eGPUとのペアリングが行えるMacモデルであれば使用可となっています。

M1チップは従来のCPUよりも最大3.5倍高速

Appleによれば、M1チップは消費電力はこれまでのチップの10分の1ながら、世界最速のCPUの地位を獲得し、パフォーマンスコントローラ搭載により「ワットあたりのCPUパフォーマンスが世界最高」のシステム・オン・チップ(SoC)となったとのことです。
 
パフォーマンスにおいては、従来のものと比べてCPUは最大3.5倍、GPUは最大6倍、機械学習は最大15倍速い処理が実現し、過去のMacモデルと比べてバッテリー駆動時間は最大2倍となています。
 
 
Source:MacRumors
(lexi)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる