トップページ > iPhone > Apple、MagSafe充電で残る「跡」がついたレザーケース画像を掲載
2020年11月7日 01時41分

読了まで 210

Apple、MagSafe充電で残る「跡」がついたレザーケース画像を掲載

MagSafe対応iPhone 12 | iPhone 12 Proレザーケース - サドルブラウン


 
Appleは、自社ホームページのMagSafe対応iPhone12シリーズ向けレザーケースの製品画像として、MagSafeアクセサリを使用することによって残る「跡」がついた画像を掲載しています。

MagSafe対応ケースに円形の跡がつく

iPhone12シリーズで導入された新しい充電技術MagSafeは、磁石を使ってワイヤレス充電を効率よく行うためのものです。
 
AppleはiPhone12シリーズの発表と同時に充電器や保護ケースなど、MagSafe対応アクセサリを発表しました。
 
しかし一部のユーザーから、MagSafe充電を行うとシリコーンケースに円形の跡がつくとの指摘がありました。その後Appleはサポートドキュメントを更新、MagSafe対応のレザーケースをつけてMagSafeでワイヤレス充電を行うと、ケースに円形の跡がつく可能性があるとユーザーに注意喚起しています。

Appleが公式サイトに画像を掲載

そしてAppleは、「MagSafe対応iPhone12/iPhone12 Proレザーケース」「MagSafe対応iPhone12 miniレザーケース」「MagSafe対応iPhone12 Pro Maxレザーケース 」の各購入ページに、実際に跡がつくとどのように見えるかの画像を追加しました。
 
同社は製品情報においても、次のように記しています。
 

iPhoneを守るために、このケースは質の高いしなやかなレザーで作られています。レザーは自然素材なので、上質なレザーベルトのように時がたつにつれてシワやムラが現れたり、表情や味わいが加わります。MagSafeアクセサリを使うと、わずかに跡が残ります(ギャラリーの最後の画像を参照)。この跡が気になる場合は、iPhone12 & iPhone12 Proシリコーンケースまたはクリアケースを使うことをおすすめします。

 
 
Source:Apple
(lunatic)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる