トップページ > iPhone12 > iPhone12 Proの電源管理IC不足に、iPad向けパーツを転用して対処か?
2020年11月6日 02時30分

読了まで 149

iPhone12 Proの電源管理IC不足に、iPad向けパーツを転用して対処か?

iFixit_iPhone12 iPhone12 Pro_04


 
Appleは、電源管理ICやLiDARなどの供給不足で製造数が制限される可能性のあるiPhone12 Proについて、iPad向けパーツを転用して対処しているようだとWccftechが伝えています。

部品不足に対応するための窮余の策か

iPhone12シリーズにおける電源管理IC(PMIC)の供給不足についてBloombergは、今年のホリデーシーズンに向けた出荷に影響が出る可能性がある、と報じていました。
 
iPhone12 Proの製造に用いるPMICとLiDARはiPadシリーズ向けだったものを転用し、優先的に割り当てているようです。これにより、iPadシリーズ約200万台の製造に影響が出ているとのことです。

iPhone12 miniとiPhone12 Pro Max発売で部品不足拡大か?

今後、iPhone12およびiPhone12 Proに加えiPhone12 miniとiPhone12 Pro Maxも発売されることから、不足している部品をどのように調達するのかが課題になりそうだと、Wccftechは述べています。
 
 
Source:Nikkei Asian Review via Wccfteck
Photo:iFixit
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる