iPhone12のブルーは公式画像の色と違う?中国でトレンド1位の大騒動に

    iphone12 ブルー

    iphone12 ブルー
     
    発売前の時点でiPhone12を手にしたユーザーが早くも開封動画や写真を公開していますが、複数用意されたカラーのうちブルーがイメージ写真の色と大きく異なるとして、中国で思わぬ騒動に発展しています。

    数万件のコメントが殺到

    16日から予約が始まり23日に発売となるiPhone12は、カラーバリエーションが5種類用意されています(ホワイト、ブラック、ブルー、グリーン、(PRODUCT)RED)。すでに開封動画や画像が様々な場所で出回っており、改めて世界中の消費者がiPhone12に注目している様子がうかがえます。
     
    中国最大のSNS微博でも「iPhone12ブルー(#iPhone12藍色#)」が大きく話題となり、一時期はトレンド1位の座に輝きました(筆者が確認した21日午前3時時点では12位)。
     

    中国 微博 トレンド iphone12

     
    ところがハッシュタグの内容を確認してみると、目に入ってくるのは「ブルーがイメージと違う」といった書き込みばかりです。トレンド入りした理由は、多くの消費者にとって、実際のiPhone12のブルーが余りにも衝撃的な色だったからなのです。
     
    Appleの公式イメージでは、iPhone12のブルーは青色よりも紺色(藍色)に近いのですが、実際にユーザーが手にした端末の写真は、背面ガラスの反射も相まって、ペンキや塗料のような青色が印象的です。
     

    公式画像

    iphone12 ブルー
     

    ユーザーによる画像

    iphone12 ブルー

    iphone12 ブルー
     
    おかげで微博では「子どものプラスチック玩具のようだ」「まさかこんな藍色だとは」といった書き込みのほか、サンダルやゴミ箱の画像と比較して「やってしまった。返品しようか迷い始めている!」と到着前から天を仰ぐユーザーまで登場、16万件以上のいいね、2万件以上のコメントを集めています。
     
    iphone12 ブルー

    iphone12 ブルー

     
    iPhone12 Proはパシフィックブルー、iPhone12はブルーといずれのモデルも新色が一番人気とあって、消費者の衝撃も大きいのではないでしょうか。さすがに公式イメージと実際の色が同じとは言えないだけに、撮影方法の問題に過ぎないことを願うばかりです。
     
     
    Source:微博,MyDrivers
    (kihachi)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次