2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    2023年までに登場期待の折りたたみiPhone、パネルは三つ折りに?

    曲がる iPhone コンセプトLets go Digital

    曲がる iPhone コンセプトLets go Digital
     
    Appleが折りたたみ可能なiPhoneの開発を手掛けていることが、同社の申請した特許から改めて判明しました。

    iPhoneを三つ折りにする技術も

    現在折りたたみスマートフォンをリリースしている主だったスマートフォンベンダーは、SamsungとHuaweiです。とりわけSamsungはGalaxy FoldシリーズやGalaxy Z Flipなど精力的に折りたたみスマートフォンを市場で展開しており、持ち前の技術力の高さを示しています。
     
    しかし、この次世代スマートフォン開発に意欲的なのはSamsungやHuaweiばかりではありません。何年も前からAppleも度々折りたためるiPhoneの特許を申請してきました。今回新たに申請された特許では様々な折りたたみ方が想定されており、中にはヒンジを駆使して三つ折りにする方法まで考案されています。
     
    折りたたみスマホ iphone 特許
    折りたたみスマホ iphone 特許
     
    折りたたみスマートフォン最大の課題はディスプレイの傷つきやすさで、最新のGalaxy Z Fold2も爪で引っかき傷がついてしまう欠点が報告されています。これはディスプレイを折り曲げるためにガラスでコーティングできないことに起因しており、Appleは2枚のディスプレイを1枚に見せる特殊な技術を開発していると噂されています。
     
    また、ディスプレイに特殊な素材でできたレイヤーをコーティングすることで、セルフリペア機能を搭載する計画もあるようです。

    2023年までには登場?

    特許が必ずしも製品化するとは限りませんが、折りたたみiPhoneの登場については前向きな観測が少なくありません。
     
    最近もリーク情報に詳しいIce universe氏が「Appleが折りたたみiPhoneのディスプレイサンプルをSamsungに発注した」と述べているほか、ジョン・プロッサー氏も2022年〜2023年、ディスプレイ業界の情報に精通しているロス・ヤング氏も2023年秋の登場を予測しています。
     
     
    Source:WindowsUnited via 鳳凰網科技
    Photo:Letgodigital
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次