2020年6月22日 16時39分

読了まで 157

来年登場期待の折りたたみiPhone、2枚のディスプレイを1枚に見せる技術採用?


 
早ければ2021年の登場が期待される折りたたみ型iPhoneについて、具体的なサプライヤーの名前やプロトタイプのデザインが早くも話題になっています。

SZSやCatcherなどの名が挙がる

主だったスマートフォンメーカーのうち、折りたたみスマートフォンを現在展開しているのはSamsungHuaweiですが、2021年はこのメンバーにAppleが仲間入りするかも知れません。
 
サプライチェーン事情に詳しい経済日報によると、すでにベアリングを台湾企業のSZS(新日興)、筐体をCatcher(可成)が請け負うのではないかとの観測が浮上しているそうです。
 
とりわけiPhoneを折りたたむためのベアリングについては、設計において高度な技術が必要とされているため、SZSがサプライヤーの地位を射止めると以前から指摘されています。コストを要するものの、他に代替できるサプライヤーも見当たらないことから、彼らサプライヤーにとっても大きな収益源になると見込まれているようです。

すでにプロトタイプのデザインも

事情に詳しい関係者の話では、1枚のディスプレイを折りたたむのではなく、2枚のディスプレイをヒンジで繋ぎ合わせて1枚のディスプレイに見せかける技術が開発されているとのことです。この技術が実現すれば、有機EL(OLED)の耐久性問題が解決するばかりか、ディスプレイ同士の間に“折り目”も生じません。
 
またプロトタイプでは、iPhone11 Pro/Pro Maxと同様の光沢を帯びたステンレススチールのほか、ノッチ(切り欠き)のない全面ディスプレイが採用されているそうです。Face IDはフロントカメラ側の上部に移動か廃止、代わりに側面へTouch IDを搭載すると考えられており、従来のiPhoneとは大きくデザインが異なる見込みです。
 
 
Source:経済日報(1)(2)
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる