トップページ > 最新情報 > iPhone12シリーズがBluetoothイヤホン売上を押し上げる
2020年10月16日 11時53分

読了まで 22

iPhone12シリーズがBluetoothイヤホン売上を押し上げる

AirPods AirPods Pro


 
AppleがiPhone12シリーズへのEarPodsと電源アダプタの同梱を取りやめる決断を下したことで、Bluetoothイヤホンの需要増が見込まれています。

Androidスマホが追随すれば需要は急増

現在のBluetoothイヤホンの年間出荷台数は2億台〜3億台、一方スマートフォンの年間出荷台数は12億台〜13億台と推測されています。
 
台湾メディアDigiTimesは、Androidスマートフォン・ブランドがAppleに追随し有線イヤホンの同梱を廃止した場合、Bluetoothイヤホンの出荷台数は今後数年間で劇的に増えるだろう、と記しています。
 
SamsungとXiaomiは、AppleがEarPodsと電源アダプタの同梱を廃止したことを揶揄していますが、米メディアApple Terminalは数年後には多くのスマートフォン・メーカーがイヤホンや電源アダプタを同梱しなくなると予想しています。

iPhone購入者の58%がAirPodsを購入する

2020年第2四半期(4月〜6月)において、AppleのAirPodsシリーズは前年同期比で出荷台数を30%伸ばし、世界で最も売れた完全ワイヤレスイヤホンとなりました。
 
それでも同四半期の完全ワイヤレスイヤホン市場におけるAirPodsのシェアは35%で、前年同期の50%から15ポイント落ちています。これは他ブランドの参入が相次ぎ、市場規模が拡大したためです。
 
DigiTimes Researchは2020年通年でのiPhone出荷台数を1億9,500万台と見積もっており、そのうち58%のiPhone購入者がAirPodsを購入する可能性があると予測しています。

 
 
Source:DigiTimes
(lunatic)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる