iPhone12はiPhone6以来最大の販売実績になる?米国での予測

    iPhone12 the biggest launch_02

    iPhone12 the biggest launch_02
     
    米オンラインマーケットSellCellが、「iPhone12はiPhone6以来最大の販売実績を達成する可能性がある」と伝えています。同社の調査では、第2四半期(4月〜6月)と第3四半期(7月〜9月)を比較した下取り数増加率がiPhone6発売前を上回っており、iPhone12発売に向けて旧機種を下取りに出したユーザーが増えているようです。

    下取り額が高いうちに売却し、新型iPhone購入を準備?

    iPhone12 the biggest launch_00
     
    SellCellは、第3四半期(7月〜9月)のiPhone下取り数増加率と新型iPhone販売実績の関連性について「新型iPhone発売前に旧機種を下取りに出すのは、下取り額が高いうちに売却して新型iPhoneを購入しようとする消費者の準備行動だ」と説明しています。
     
    米国では、新型iPhoneが発売されてから最初の1カ月で、下取り額が約13%下がるとのことです。
     
    過去7年間の、第2四半期(4月〜6月)と第3四半期(7月〜9月)を比較した下取り数増加率は、iPhone6が発売された2014年が61%と最も高い値を示していました。
     
    2020年はこれが63%に達したことから、米国ではiPhone12の販売実績が、iPhone6を超える可能性が高いと同社は予測しています。
     
    SellCellが行った購入意識調査では、iPhoneを使用しているユーザーの41%Androidユーザーの33.1%がiPhone12の購入を検討、機種別ではどちらの調査でもiPhone12 miniへの期待値が最も高い結果が得られていました。

    下取り機種上位はiPhone X、iPhone XR、iPhone7

    iPhone12 the biggest launch_01
     
    SellCellの、2020年9月における下取り数上位には、iPhone X、iPhone XR、iPhone7がランクインしています。
     
    2019年に発売されたばかりのiPhone11 Pro Maxが4位にランクインしているのは、下取り額が高いうちに売却し、iPhone12シリーズに買い換えようというユーザーが多いと考えられるようです。
     
    各種事前調査、下取り状況分析で得られたiPhone12に対する期待値は、小型モデル(iPhone12 mini)をラインナップ、5Gに対応し、カメラも改善される見通しのiPhone12シリーズの予想スペックが、ユーザーの潜在ニーズに合致していることが示されたのだろうと、同社は説明しています。
     
    SellCellが実施した購入意識調査では、既存iPhoneユーザーの53.9%が、好ましいディスプレイサイズに5.4インチをあげ、44%がiPhone12 miniの購入を検討していると回答しています。
     
     
    Source:SellCell
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次