トップページ > iPhone12 > 5.4インチ「iPhone12 mini」を買うなら5つの妥協が必要
2020年10月6日 13時28分

読了まで 31

5.4インチ「iPhone12 mini」を買うなら5つの妥協が必要

iPhone12 mini MacRumors


 
iPhone12 mini」と噂される、iPhone12シリーズの5.4インチモデルは、小型サイズのiPhoneとして期待されています。しかし、同モデルでは非対応と予想される5つの特徴について、米メディアMacRumorsがまとめているのでご紹介します。

コンパクトモデルとして期待のiPhone12 mini

名称が「iPhone12 mini」になると噂される5.4インチモデルの次期iPhoneについては、初代iPhone SE以来のコンパクトボディを持つiPhoneになると期待されています。
 
これまでの噂では、明治ストロベリーチョコレート(46g)とほぼ同サイズとみられており、iPhone Maniaではオリジナルのペーパークラフトも公開しています
 
ただし、4モデル構成になると予想されるiPhone12シリーズの他モデルと比べると、見劣りするともいえる面があります。
 

1. ディスプレイ

iPhone12 miniのディスプレイには、液晶よりも表示が鮮明で、薄型化に効果のあるY-OCTA方式の有機EL(OLED)ディスプレイが採用されると見込まれています。
 
ただし、プレミアムモデルと位置付けられるiPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxで対応と噂される10ビットカラーやXDRには、iPhone12 miniは対応しないとみられます。

 

2. LiDARスキャナ

iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxは、iPad Proと同様、立体物の高精度な認識が可能なLiDARスキャナを搭載すると噂されています。
 
しかし、「Pro」シリーズではないiPhone12 miniには搭載されないと予想されています。

 

3. 望遠カメラ

iPhone12 miniは、iPhone11と同じくデュアルカメラを搭載すると見込まれています。
 
iPhone12 miniに搭載されるデュアルカメラは、iPhone11と同様に、広角(標準)レンズと超広角レンズの組み合わせになり、トリプルカメラに搭載される望遠レンズは搭載されないとみられます。
 
また、超広角レンズへのセンサーシフト式手ぶれ補正機能は、iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxのみに搭載され、iPhone12 miniでは搭載されないと予想されています。

 

4. バッテリー容量

iPhone12 miniに搭載されるバッテリーの容量は、韓国の認証情報から2,227mAhと見込まれています
 
この容量は、iPhone11 Proの3,046mAhと比較すると819mAh少なく、A14 Bionicプロセッサと有機EL(OLED)ディスプレイによる省電力効果が期待されるものの、長時間のバッテリー駆動を期待する方は避けたほうが無難かもしれません。
 
一方、iPhone12シリーズ最大となるiPhone12 Pro Maxのバッテリー容量は3,687mAhになるとみられます。

 

5. 超高速5G通信

iPhone12シリーズが対応する5Gの周波数帯のうち、より高速なミリ波(mmWave)には、iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxのみが対応し、iPhone12 miniはエリアの広さが特徴のサブ6GHzのみに対応すると伝えられています。

それでも魅力的なiPhone12 mini

iPhone12 miniは、Proシリーズと比べると、いくつかの機能が省かれることになり、最新機能を「全部盛り」とはならないものの、A14 Bionicプロセッサによる高い処理性能、OLEDディスプレイの鮮やかな表示、そしてコンパクトなボディが魅力のモデルとなりそうです。
 
iPhone12シリーズの各モデルについては、これまでのリーク情報をまとめた特集記事を公開していますので、ぜひご一読ください。
 
 
Source:MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる