トップページ > 最新情報 > iPhone13のノッチ、横幅が狭くなる可能性もある?複数のプロトタイプが存在か
2020年10月10日 13時41分

読了まで 20

iPhone13のノッチ、横幅が狭くなる可能性もある?複数のプロトタイプが存在か

iPhone13 Prototype notch


 
著名リーカーのジョン・プロッサー氏とベンジャミン・ジェスキン氏がTwitterで、iPhone13ノッチについて意見を交わしています。プロッサー氏によれば、iPhone13はまだ開発段階であり、ノッチについても、横幅の狭いもの、縦幅が縮小したものなど、複数のデザインが検討されているようです。

横幅が狭くなることが期待できる?

ジェスキン氏とプロッサー氏は、ジェスキン氏が制作したコンセプト画像を用い、iPhone13ノッチがどうなるかについて意見を交わしています。
 
ジェスキン氏が制作したコンセプト画像のノッチは、「iPhone11シリーズと同じもの」「Ice univers氏が投稿したような、縦幅が縮小したもの」「横幅が狭いもの」「ノッチの無いフルスクリーンディスプレイ」の4種類です。
 
プロッサー氏はジェスキン氏に、「横幅が狭いもの」を期待しましょうと返答しています。
 

デザイン確定は量産開始直前

iPhone12に関する初期の噂でも、ノッチの横幅が狭くなると言われていましたが、最近はiPhone12 miniだけ表示領域を確保するために僅かに横幅が狭くなるが、それ以外のiPhone12、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro MaxはiPhone11シリーズと同じという説が有力です。
 
iPhone13は開発の初期段階であり、プロトタイプで検討されている段階に過ぎないので、「今後様々な噂が伝えられても、量産開始直前までは信じすぎないほうが良い」と、プロッサー氏は述べています。
 
 
Source:Jon Prosser/Twitter (1), (2)
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる