トップページ > Apple Watch > Apple Watchユーザー数、まもなく1億人へ〜米では35%がiPhoneと併用
2020年10月5日 15時15分

読了まで 150

Apple Watchユーザー数、まもなく1億人へ〜米では35%がiPhoneと併用

History if Apple Watch


 
Apple Watchのユーザー数が、まもなく1億人へ到達する見通しです。米国では、iPhoneユーザーの35%がApple Watchを使用しているとのAbove Avalonの推測を、Wccftechが伝えています。

Apple Watch SE登場で普及加速か

Apple Watchは、iPhoneやiPadの普及速度には及びませんが、ヘルスケア関連に焦点をあててからは好調で、世界のウェアラブルデバイス市場で最大のシェアを獲得、Apple Watch SEが登場したことで更に販売数を伸ばすだろうとWccftechは記しています。
 
Appleは、Apple Watchを使用したフィットネスサービス、「Apple Fitness+」を発表しており、今後も引き続きヘルスケア、フィットネス領域に力を入れていくようです。

「心電図アプリ」など新機能に期待高まる

日本ではまもなく、Apple Watchの「心電図アプリ」が有効化されるのではないかと期待されています。
 
血中酸素濃度測定機能は、Apple Watch以外のスマートウォッチでも誤差が大きいようですが、心電図測定は1誘導とはいえ誤差は小さいと報告されています。
 
Appleは血中酸素ウェルネスの使用目的を、「医療用ではなく、一般的なフィットネスとウェルネスの目的でのみ設計されている」と説明しています。
 
 
Source:Above Avalon via Wccftech, 東邦大学医療センター大橋病院 臨床生理機能検査部
Photo:Apple Explained/YouTube
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる