Facebook、メールやブラウザと同様にSMSアプリも開放すべきと主張

    Facebook Messenger-Apple Message

    Facebook Messenger-Apple Message
     
    Facebookは、iPhone標準の「メッセージ」アプリの代わりに、同社の「Messenger」アプリをSMSの送受信に使えるようにすべきだ、と主張しています。ただし、実現の見込みは薄そうです。

    ブラウザとメールと同様、SMSアプリも開放すべき、と主張

    iOS14では、ブラウザとメールのデフォルトアプリを変更可能になり、標準の「Safari」と「メール」以外のアプリをユーザーが選択できるようになりました。
     
    Facebookは、iPhone標準の「メッセージ」アプリも同様に開放されるべきで、Facebookが提供する「Messenger」が使えないのは不公平だ、と主張しています。
     
    なお、AndroidではSMSの送受信に使うアプリをユーザーが変更することができます。

    Facebookの主張が通る可能性は低そう

    Facebookの主張を報じたThe Informationによると、Facebookは、数年にわたってAppleに同様の主張を繰り返しているものの、AppleはFacebookの主張を受け入れようとはしておらず、実現の可能性は低そう、とのことです。
     
    Appleにとって「メッセージ」アプリは単なるメッセージ送受信ではなくiOSの中核機能であり、メッセージを暗号化して送受信できるプライバシー機能は同社の姿勢をユーザーに示す好例となっているため、Appleがこの機能を外部に公開することは考えにくいだろう、とThe Informationは伝えています。
     
    Apple セキュリティ プライバシー
     

    Facebookが警戒していたiOS14のトラッキング防止は導入延期

    Appleは、iOS14でプライバシー機能を強化し、ユーザーの識別・追跡を防ぐトラッキング防止機能を追加すると発表しました。
     
    トラッキング防止機能により、Facebookは広告収益が半分以下に激減すると予測、警戒を強めていました
     
    しかし、Appleは9月に入って、トラッキング防止機能の導入を2021年まで延期することを発表しています。
     
     
    Source:The Information
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次